丸太町漫ろ2

b0057679_7241813.jpg
やっぱり京都
朝から雨は久しぶり、よって散歩中止なのだが昼から屋外の現場仕事があるのだがどうなるのやら・・・聖護院へ向かう途中の丸太町通りでの写真を今日もアップ

この辺りで一番有名なのはやっぱり京大の施設、一番南に近いのがこの京大学生寮の熊野寮で、色々な小説に出てきたり学生運動の拠点だったりで知られている

大学時代に何度か入る機会があったのだが、今は生活空間を突き抜けた混雑感は無さそうである、写真を撮ったのは熊野寮の看板がまっさらにになっていたこと、しかも銘木らしき板材に毛筆、きっとどなたかが寄付した物と思われる

b0057679_7264397.jpg
で、お次の写真は何の特徴もないアイス屋さんの看板なのだが、昨年はこのシャッターは開いていたのだが営業はしていなかった、ただ私が京都に住んでいた時からあるお店でかれこれ約40年も前になる

実は一度書いた記憶があるのだが、10円20円のアイスキャンデー時代になんと200円300円のアイスキャンデーを売っていたのである、お店にはブリキで作られたアイスボックスが置かれ、蓋を開けると美味しそうなアイキャンがびっしりと詰まっておりました

お店は何とも言えない甘さと微かなアンモニア臭が漂っていた記憶がある、冗談で「200円のキャンデーってこんなでかいんか?」と手で大きさを作ったのだが、お店の人に「兄ちゃん、値段は高いけど大きさは普通のんと同じです」と真面目に応えられて白けてしまったのだ

b0057679_7271668.jpg
この入口は丸太町通りではなく、東山通りを北に曲がったところにあった、京都にしたら珍しくデザインされたマンションで、デザインとは裏腹に看板には「ことぶき荘」と文化住宅のような名前が付けられております

京都のマンションは市条例が煩いのか、後ろはモダンなのだがファサードだけは和風という苦肉のコラボが沢山あります、そこまでして洋風にするのかと思うのだが、何度見ても違和感を感じております
[PR]
by push-pull | 2012-07-12 07:29 | 写真 | Comments(0)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL