和歌山加太 淡嶋神社の1

b0057679_8353920.jpg

b0057679_839886.jpg
天気続きです
さすがGW,ブログのアクセス数が減っております、で今日もええ天気で下手すると真夏日?

先日淡嶋神社の直ぐお隣の「ひいなの湯」に入った話しを書いたが、日を改め兄のお見舞いがてら今度は淡嶋神社に

2月8日の針供養と3月3日の雛流しは有名だが、境内一杯に奉納された人形は壮観である意味不気味でもある、その数は2万体とも言われているが人形の種類がバラバラで新しいぬいぐるみまでありました

b0057679_8372549.jpg
本殿の廻りに小さなお堂が沢山あったが、上の写真の現代風の像が異様で、ホラー物の漫画に出てきそうな形をしていてお世辞にも上手い彫像とは言えません、おまけに足下には無数のカエルの人形が置かれていて、一層不気味な空間になっておりました

b0057679_8381943.jpg
お次は清めの手洗いが何故かヒキガエル、普通は龍とかが多いのだがカエルの口から水が出ている様は、なんだか清め感に欠けているような気が致します

淡嶋神社ぬ祭られている少彦命名(すくなひこなのみこと)の使い神であるカエルを祀る遷使殿(せんしでん)にちなんだカエルたち、このヒキガエルは古事記にも登場致します

全国にある淡島(嶋)神社・粟島神社・淡路神社のは1000社余りと言われその総本社である、言われ云々は色々あるが割愛、参道らしき短い通りにお土産屋さんが2軒、どちらも食堂になっていて、サザエや他の貝も料理して出してくれる、サザエ壺焼き一つ五百円でしたが・・・他のお土産の貝やわかめ類も取り立てて安くもない

他の人形は明日アップ致します、やっぱり人形って怖いのだ
b0057679_8391750.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-04-29 08:45 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL