針のない時計

b0057679_8453716.jpg
時代と共に
今朝もめちゃええ天気です、昼には28度まで上るとかでTシャツの季節になりましたなあ〜

ケンフォレットのスパイ小説で有名な「針の眼」というのがあったが今日のは針のない時計、銀行が居酒屋に変わるとは時代も変わったものだ

ここ何年か銀行の名前変更に始まって合併吸収は眼に余るものがあるが、お陰で元の銀行の名前が出てこないのも多数ある、ここは元大阪銀行でデザイン事務所勤務の給料振り込みが大阪銀行だったので支店は変えたがそのままになった

フリーになってからは隣にある住友銀行に口座を開いたが、それも名前が変わり今では三井住友、直ぐ近くに三井銀行もあったのだが合併、お陰でATMはお客が倍になり何時も満員

この支店は、この直ぐ西の大開町(おおびらき)で松下幸之助が創業、彼が死ぬまでこの住友に預金していたとかで有名である

大時計が設置された公共物はよく見かけるが、民間のビルは数少ない、今では針が無くなった時計のビルが出来たときは確か横の阪神高速神戸線はまだ無かったのでは

考えれば時計を残したままでも別に問題はなかったのではなかろうか

b0057679_8463288.jpg

b0057679_8471834.jpg
「八百八分の四百八十五橋」後で気づいたのだが、左右の欄干のデザインが違っておりました、橋の名前は「加美柿花橋」、字面から見ると上品すぎてどうも大阪らしくありませんな
[PR]
Commented by ハチ at 2012-04-30 21:35 x
この銀行にそんなエピソードがあるとは知りませんでした。時計も気がつかなかった…

Commented by push-pull at 2012-05-01 08:35
ハチさんこんにちわ、一度現金が急に必要になったとき、余りにも込んでいたため、一度家に戻りもう一つの口座がある近畿大阪にネットで振り込みし、ガラガラの近畿大阪で出したことがあります

その後は込んだ日には行かないようにしています
by push-pull | 2012-04-28 08:51 | 写真 | Comments(2)

公園も急に暖かくなりました、のららもノンビリ


by PUSH-PULL