深日港

b0057679_8311949.jpg

b0057679_8314622.jpg
漁港
「深日」とかいて「ふけ」とよむ、私も最初?だったが昔に兄夫婦が岬町に住むようになって読み方を知った

兄夫婦を見舞いに行った帰り、天気も良いのでみんなで深日港廻りで帰ってきた、何年か前に廃止になった洲本と徳島行きのフェリー乗り場は見る影もなく建物は取り壊され、日曜日だというのに開いている店は一軒だけ、湾内は釣り人が多数、型の良いシタビラメが上がっていたのだが、こうした場所に来ると直ぐに竿を出したくなる

さらに進むと深日漁港の方で上がったばかり魚が次々と売られていた、近場の小魚ばっかりだが見たところ鯛・メバル・ガシラ・コウイカ・ヒラメ・カレイ・チヌ・ウマズヅラハゲ・ナマコ・サザエ

みんなまだ生きております、特別安いわけでもないが活きがよさそう、晩飯用にモンゴによく似たコウイカとガシラを注文したのだが何故かおばちゃんはメバルを絞めている(笑)、ままよと購入

家に戻って久しぶりにコウイカを裁いたのだが、別名「スミイカ」と言われるらしくとんでもない墨の量で流しは真っ黒、固くてでかい甲を久しぶりに取り出しました、味の方は少し柔らかめですが美味しくて楽しい夕食になりました

b0057679_8343963.jpg

b0057679_835352.jpg
「八百八分の四百七十六橋」久しぶりに道路幅が広がり末次の次が「加美長末橋(かみながすえばし)」、川幅が狭いのと下町だからかこの辺りの橋の間隔は全部百メーターにに満たない

文字のしりとりのような橋の名が続きます、そう言えば文字が逆の昔からの友人がいてまして、先月久しぶりに一緒に食事をしました
[PR]
by push-pull | 2012-04-17 08:40 | うまいもん | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL