整理整頓

b0057679_844492.jpg
お片付け
少し仕事が一段落したので久しぶりに仕事場をかたづけた、片付けると言っても一ヶ月以上模型作りをしていたのでとんでもない数のパーツと工具と資材が部屋一杯

少し頑張ったら、散らかる前より部屋が広くなったような気がする、片付けが上手くなったのかしらね、それでもまだ仕事場は本や資料を含め壁一面で壮観

写真はトラックの荷台、良く使い込まれたワイヤーやウインチが丁寧に片付けられているのは見ていても心地よい、仕事の最低限の基本は整理整頓の収納と後片付けにある、少しでも手を抜くと作業能力が格段に低下、作業中のもの捜し程腹立たしいことはなく、また作業も遅れる

これが複数で仕事するとなると全員の協力が必要で、一人でも散らかし屋が存在すると段々と険悪になり最終的には喧嘩なんかしたりして

片付けられた作業場部屋を見るのは心地よく知的であるが、かといって真っ白な何も無い部屋はおかしくなる、生活感のない居住空間は苦手で何考えとるじゃいとん人間性まで疑いだし、間違いなくお友達になれない

マンションやインテリア雑誌の写真は、欺瞞だらけでなかなか好きになれない、油が散るからと油を使った調理をしないなんて言うのは論外である


b0057679_8522997.jpg

b0057679_8524655.jpg
「八百八分の四百七十五橋」橋の写真で犬が写り込むのは非常に珍しい、それも以前私が飼っていた白黒のシーズーなのだ、橋の名前は「末次新橋」

地図で調べたら直ぐ東側に「末次」の名が付く保育園があるのだが、昔は末次の地名があったのかしら?
[PR]
by push-pull | 2012-04-16 08:51 | 写真 | Comments(0)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL