「冗談漫画 53」バッド アッマイド

b0057679_8294091.jpg
箱男
家の直ぐ近くの国道二号線、街灯の工事をした後と思われるのだが、何故かそこにダンボール箱が、塗装だの結線だのの問題だとしたら雨が降ったらどうするのだろうと心配に、ひょっとしたら見られたくないモノがあるのだろうか?

ミラーレス一眼の話が載っていたので、久しぶりに日本カメラを買った、頭に少しだけ東北の写真がでていたが・・・

そう言えば震災後の数ヶ月、カメラ雑誌の「日本カメラ」「アサヒカメラ」に震災の写真が1枚も掲載されなかったのに驚くと共にあきれた話しをブログに書いたことがある、写真には視覚的報道という重要な側面があるはず

どのカメラ雑誌もここ何十年ずっと芸術もどきの小綺麗な写真満載で、痛くも痒くも伝わるものが皆無にちかい

たまたま買った1月号に「箱男」というタイトルの写真があったのだが、私の知る安部公房の小説「箱男」とはどうも違っているような、小説の方はもっとシュールで社会と断絶されたおかしさを感じたのだが・・・

b0057679_831978.jpg

b0057679_8313721.jpg
「八百八分の三百九十四橋」今年初めての橋話、なんだか鉄のかたまりのような圧迫感のある橋は「片江新橋」、昭和52年8月架設で鋼床版桁橋、何故かこの橋だけ少し長いのだが24.1m

これからしばらく片江という名の橋が続きます、名前の由来が判らないのだけれど旧地名だろうか
[PR]
by push-pull | 2012-01-04 08:37 | 写真 | Comments(0)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL