「オモクロ写真 その重視」

b0057679_8271964.jpg
白墨
子供の落書きにしては上手すぎる、シンプルな花なのだがバランスがよい、道具を使わずに正円を描くのは難しく、サイズが大きくなればなるほど円から遠ざかる、さらに花びらの数のバランスが取れているのも凄い

紙と鉛筆さえあれば直ぐにでも描けると思うが、やってみると何でも無いこの絵が上手いことが分かる、描写力を見る方法の一つとして簡単なのは立方体やビールを瓶を描けば直ぐに解る、特に瓶などは左右のバランスが崩れること間違いなし

b0057679_8281829.jpg絵を描くのにクレヨンとかクレパスが入門としてあり、画材屋さんやスーパーに行けば売られているのだが、今時落書き用のチョークって身近なところでは何処に売られているのだろう?私はコーナンで買ったのだが滅多に使うことはない

仕事用の引き出しを調べたらチョークがまだ一杯残っておりました、何故か蛍光のチョークも、白墨とは炭酸または硫酸カルシウムを固めたもの、こればっかりは大昔から替わっておりませんな

子供の頃アスファルトに書くのに「ろう石」をよく使っていた、鉄工所などでしか見かけなくなったのだが、子供用の「ろう石」もあるのかしら

仕事柄絵の具類はふんだんにある、さすがにクレヨン、クレパスの揃ったものはないが、ちょっとこましなパステルに始まって、ガッシュ、リキテックスなどのアクリル系絵の具、最近ほとんど使ったことのないTOOのマーカーCOPIC、優に100色以上もある高額なモノなのだが・・・

後は水彩絵の具に色鉛筆あたり、他にも各種塗料類はあるがこちらは仕事に会わせて買ったもので色が偏っている、ポスターカラーをわざわざペインティングナイフで練ってから平筆でムラの無いようにケント紙に塗っていたのが夢のようである

パソコンという文明の利器を使い出してから、文字も絵も手で描くことが激減した、かろうじて模型類はPCで出来ないので手作りなのだが、この時間がやっぱり一番楽しいのであります

b0057679_8284037.jpg

b0057679_829097.jpg
「八百八分の三百七十四橋」第二寝屋川から平野川分水路に入ったところに水門があり、直ぐ上流に天王田大橋があるのだが、第二寝屋川を遡上中に通ったのでアップ済み

今日の橋は天王田大橋の上流の「左専道大橋」、これも文字だけを見たらまず読み方が判りません、子供の方が直ぐに読めたりするが、このご時世サラリーマンにはチト辛い「させんどうおおはし」でそのまんまやないけ、どう見ても大橋には見えないのですが・・・
[PR]
by push-pull | 2011-12-06 08:35 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL