イチョウのため息

b0057679_9454758.jpg

b0057679_9451918.jpg
紅葉ならぬ黄葉
毎朝訪れる公園だが1年で一番美しい季節である、残念ながら近くに私の大嫌いな高層マンションが次々と建設され、公園の朝の日差しが激減しているのが寂しい、そして陽の当たらぬ公園など悲しい

春の花は開花を愛でて酒を飲み交わすのだが、秋の紅葉は皮肉な見方をすれば死にゆく姿を楽しんでいることになる、テレビを見ていると最近京都の著名な寺がライトアップで集客をはかっている、確かに夜の紅葉は幻想的で美しいのだが、神社仏閣と言うこともありなにかが引っかかって素直に楽しめないのです

何気ないニュースのイチョウの黄葉が絵が美しく、今朝私も真似してみました、お天気は最高で言うこと無し、どの花もそうだが借景に青空が重要で曇天だと映えません

花びらや葉を通る光が大好きで、逆光で見る花はまた違った美しさがあります

b0057679_9471863.jpg
「八百八分の三百七十三橋」上の写真は先の南新喜島橋から見た片町線(学園都市線)の鉄橋である、直ぐ東(左側)に放出駅があるのだが、利用した記憶がない

b0057679_9474577.jpg

b0057679_948696.jpg
こちらもコンクリート風の塗装仕上げの「天永橋(てんえいばし)」、昭和38年に架けられていて結構古い橋です

下の写真は橋から見た上流の第二寝屋川と交差している場所である、橋の写真を撮り始めて3年近くなるのだが川の交差点は存在そのものがやっぱり変(笑)、左の新永橋は第二寝屋川の時にアップ済み、交差点に水門があるのだが何故か私の持っている新しい地図(マップル)に記載されていません
b0057679_9483572.jpg

[PR]
by push-pull | 2011-12-04 09:51 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL