金沢駅

b0057679_8272237.jpg
デザインって?
話には聞いていたが見て少々驚きました、でかい!単なるバスターミナルの屋根にしてはでかすぎるのであります

金沢駅を一歩出ると以前のごちゃごちゃしたイメージは一掃され、ものの見事に変身していました、完工直前でまだ残工事が残されていたが形的には完成している
そのうち無駄な建造物の仲間入りしそうな勢いだがそれなりに美しい、屋根を支える鉄骨をバカでかい木で鼓の胴のように囲み見事な曲線を描いている、デザイン的にもバランスがよく美しいのである
b0057679_8287100.jpg
こういった大がかりなものを見ると圧倒的な迫力に押されます、素晴らしいと言うことと巨額な建造費のギャップが何時も私のちっぽけな思考回路を悩ませる、これは果たして是なのか非なのか?
かって私たちが習った建築、絵画彫刻の全て、その時代々々の莫大な費用で作られて今に残っている

ところが身近な家具や食器となると違ってくる、無骨なカタチがちょっとしたデザインと工夫で見違えるほど使いやすさと美しさを醸し出す、勿論その分費用も掛かるのだが何の問題も生じない

これが他人様の税金を使うところからごたごたが生じる、美人の性悪?必要悪?
ここから先がやっかいなのである、仕事も趣味もまさにその装飾作業にどっぷりと浸かっている私にとって、もう一度根底から考えなければならない命題でもある

ひょっとしたら今の建築・デザインや美術界が抱える大きな問題でもあり、何時も批判精神を忘れず生きるためにも解決しなければならないテーマでと思う
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-01-11 08:41 | 写真 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL