ちょっと気になる

b0057679_8372293.jpg
地下鉄御堂筋線
地下鉄で一番乗る率の高いのは家の近くの野田が基点の千日前線、そして次がど真ん中の御堂筋線だろうか、久しぶりに西中島まで御堂筋線に乗ったのだが、気になったのが中吊りの「スティーブ・ジョブズ」の伝記の広告

雑誌の宣伝はよく見るのだがこうした単行本の広告は珍しい、それも二分冊で1995x2=3990円で結構なお値段、何でもアメリカでは1359円で差がありすぎると問題になっている、アメリカの出版ではどんな長編でも上下とかⅠ、Ⅱとかのに分冊にならないらしい、これって日本だけみたい

アップルの本をたくさん読んでいるが、少し前までジョブズなる人物は私を含むMacオタクだけが愛読する本であった、iPod以後のアップルはとんでもない成長を遂げたのだが、私はパソコン以外興味もなくiPad、iPhoneも持ち合わせていない、まさかこんなにメジャーになるとは嬉しいような複雑でもある

b0057679_8385210.jpg
西中島駅の北改札口を出たところに本当に小さな靴の修理屋さんがある、ざっと見たところ1m四方ぐらいしかなさそうで、いかに仕事場といえど私には耐えられない空間である

聞くところによると、大阪駅の東側の高架下で営業していたらしいが、ショッピング街の ESTが出来たときにこの西中島に引っ越してきたとか、ESTは相当昔からあるのでこのお店は古い

狭いが故に非常にコンパクトに扉やカウンターや棚が一分の隙もなくレイアウトされている、以前ヨットに乗っていたときもこれと似た空間認識があり、狭い隙間も有効に利用されていたのだ

靴磨きに靴修理はロータリーの路上あるいは小さな屋台で営業をしていたのだがすっかり影を潜めた、今はスーパーの一角に靴修理と合い鍵が一緒の営業形態が多い、意外と値段が高く私のような低価格の履き物ではおいそれと修理に出せない

一度靴のかかとにゴムを貼ろうと商店街にある修理屋さんで、材料だけを売ってくれないかと交渉したがけんもほろろ、仕方が無いのでコーナンまで出かけ適度な堅さのゴムシートを仕入れ自分で修理、思いっきり安上がりでした

ただこの靴屋さんのスペースでは歩くという行為が皆無に近く、体が硬直しそうなのだ(笑)

b0057679_8391275.jpg

b0057679_8393548.jpg
<大阪八百八橋の三百五十二橋>駒川には駒川と名の付く橋が沢山あるのだが、これは正真正銘の「駒川橋」、でもデザインはいたって普通でございました
[PR]
by push-pull | 2011-10-28 08:51 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL