船上生活

b0057679_8453625.jpg

b0057679_8461996.jpg
橋の上から
写真だけだと状況が把握しづらいのだが、IXYの広角にも入りきれなかった、何故に川に水を運ぶ船が行き来しているのかが良く解らない、川底の砂利だの泥ならこんなに水を入れる必要も無い

バラスト代わりの水なら一番底に貯める、吃水より上の水は揺れに対して危険きわまりないにだが・・・乗組員のおっちゃん達は航行中は何もすることがないのかまさに遊覧船気分

堂島川を行き来する船の中では、特殊な作業船を除くと間違いなくこの船が一番でかいと思われる

同じ船でも下の石碑は、ご存じ宮本輝の小説「泥の河」の碑である、少し前だがテレビのニュースで石碑の除幕式をやっていた、探したのだが小説の舞台となる土佐堀川最下流に架かる「端建蔵橋(しはらくてたは)」の近くには見あたらず、すぐ横の木津川に架かる「昭和橋{しはわうせ)」にも無かった、見つけたのは端建蔵橋の一つ上流の「湊橋(しはとなみ)」の南詰めに建てられていた

このあたりは殆ど人の歩かない場所なので、何故ここが選ばれたのか不思議である、さらに泥の河をご存じの方はお分かりだと思うが、泥の河は映画化もされ加賀まりこの熱演が話題を呼んだ素晴らしい作品、しかし題材が廓舟と呼ばれる舟上の売春婦の話で、どうも石碑を建てる様なストーリーでは無いのではなかろうか

飛田新地やここからさほど遠くない松島新地ような遊郭の風情もなにもない、最下層の娼婦を母に持つ悲しい少年のお話なわけで、朝鮮動乱さなかの大阪にもこんな生活があったのだと・・・
b0057679_8455136.jpg

b0057679_8465376.jpg

[PR]
Commented by もにか at 2011-08-18 16:03 x
映画「泥の河」は大好きな作品です。WOWOWで放映されたときビデオに撮って何度も見たっけ…明日九条のシネヌーヴォで上映されるので見に行くつもりですが、行けるかなあ?「シネ・ヌーヴォ近くの安治川河口が舞台の…」と映画館のチラシに書かれているので、できたら本物の川も見てみたいです。(キレイな川ではなさそうですが、それはそれでよし)
Commented by PUSH-PULL at 2011-08-19 08:48 x
もにかさん そう言えばヌーヴォで映画の後「泥の河」ツアーまでありますな、九条から端建蔵橋までチト距離がありますが、トンネルは何時通っても涼しい
by push-pull | 2011-08-18 08:52 | 写真 | Comments(2)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL