「オモクロ写真 その1」が始まりました

b0057679_8311834.jpg

b0057679_8313775.jpg
真似し漫才 米屋の坊主
面白いモノクロ写真という意味で「オモクロ」にしたのだが、「モノシロ」の方が良かったかしら(笑)

先日森山大道展を見た時にぶ厚い図録を買ってきた、写真集を眺めていると題材が近しいだけにどうしてもマネをしたくなる、一からモノクロフィルムを買ってきて撮影しようかと思ったのだが,今時現像プリントが大変

自分でやれば問題ないのだが技術も道具も持ち合わせていない、少し前のことだが古いライカにモノクロフィルムを詰め込んで撮影したときのこと、その時初めて町のDPE屋さんで現像+CD書き込みをやって貰ったことがあるのだがこれが非道かった

写真そのものよりCD書き込みの解像度が余りにも低くプリントできるレベルではない、もう少し大きなお店で頼めば解像度の高いCD書き込みが出来るのだが,知ったのはそんなことがあってから、面倒だが家にあるエプソンのスキャナーの方がずっと綺麗に取り込めた

前置きはさておき、彼のモノクロ写真はアレブレボケと総称されるように,初期の作品は強烈なエネルギーを感じる、それまでの美しさを競っていた商業写真をあざ笑うかのように一つのジャンルを作り上げた、写真は荒く手ブレに水平レベルお構いなし、ところが町の何でも無いオブジェにはぐっとカメラが近寄り、仕上がりは何とも言えないなめらかな質感があったりもする

勿論、今みたいにパソコンで画像を操作できない、私の僅かの写真知識レベルでは高感度のフイルムを使うか、アンダーで撮影し増感現像するとコントラストとノイズの強い画質に仕上がる、現像の薬品温度を操作しソラリゼーション効果を出したり、追い焼きなどの方法で焼き付けの時にプリントの明暗を部分的に操作する・・・

それが今では普通にデジカメで撮影したカラー画像を、私でも好きに加工が出来るのです

このあたりは異論があると思うのだが、同じ写真でも少し前までデジタル加工などもってのほかで、プリントもちゃんと印画紙で焼かなければ写真と呼ばない時代だった、今やフィルムで撮影すること自体が貴重な時代になったのだが、折角フィルムで写しても町のラボ屋さんはデジタル加工プリントでガックリ

写真好きの皆さんはデジタルとアナログをどのように考えているのでしょうか?

写真もそうだが、アートってアナログだの手作り云々より作品そのものの面白さが重要で、テクニック的な上手い下手より作品そのものの持つ力が一番だと

と言うことでもっと頑張らなくてはと思う今日この頃でございます

b0057679_8322910.jpg

b0057679_83328100.jpg
<大阪八百八橋の二百八十七橋>またまた番号の付いた橋の「今川2号橋」、しかし考えればこの川は鳴門川、すぐ西に今川が流れているの不思議である

架けられたのは昭和57年、少し川も狭くなったのか橋の長さも1m短くなって7m

平行して流れる今川と鳴門川の間は中之島になっていて細長い今川公園になっております、三々五々ご近所さんが散歩していてなかなかよろしい、歩道の真ん中になにか写っている?拡大して調べたら丁度鳩が飛び立つところでした
b0057679_10454418.jpg

[PR]
Commented by jack at 2011-07-29 11:27 x
うーん...デジタルは便利だけど好きじゃない。
アナログは好きだけど便利じゃない。ってことで現在は
アナログで現像までやってスキャナにかける以降デジタルで。
どうあがいてもフィルムが無くなっちゃしょうがないので頑張って使うのです。
Commented by PUSH-PULL at 2011-07-30 09:49
jackさん 書き込み感謝
私も金属カメラのあの感触が大好きで、どっぷりとはまり続けておりましたが、資金切れで早々と挫折
写真表現とカメラとはやはり別物でございますな、どこで折り合いをつけるのかが悩みどころ
by PUSH-PULL | 2011-07-29 08:42 | 写真 | Comments(2)

近所ののらら、人になれているのか逃げません、でも痩せております


by PUSH-PULL