ゆるやかな認識

b0057679_8151878.jpg

b0057679_8153714.jpg
類似花
朝起きたら雨が止んでいる、ニュースでは大型台風が紀伊水道を横切っているというのに、久しぶりの徘徊では路面が乾いておりました、どうなってるの?

先月あたりから道ばたでよく見かける花、最初同じ花だと思っていたのだが、ある日葉っぱの形がまるで違うことに気づいた、で、写真に撮って調べました、アップでじっくりと見ると花の形もかなり違いますな

上の葉っぱの大きい方が「花蔓草(ハナヅルソウ)」、南アフリカ産の外来種でツルナ科

下の方は道路沿いの植栽に最近よく植えられている「松葉菊(マツバギク)」、言われてみれば確かに葉が松に似ております、繁殖力が強いのかどんどんと自分の陣地を増やしていきます、ハマミズナ科の多年草でこちらも南アフリカ

これとよく似た葉の形の花に松葉牡丹と言うのもありますが、花はまるで違います、こちらの別名はよく知られている「ツメキリソウ」

名前から日本の花かと思っていたのですが・・・考えればどれもサボテンの葉の形に近いですな

b0057679_8143012.jpg

b0057679_8145657.jpg
<大阪八百八橋の二百七十九橋>今川は少し手前で川は二つに分かれる、東側は鳴門川で西側がそのままの今川、すこし先でまた合流し今川にもどる、丁度北区の中之島のようだ

先に短い方の鳴門川を遡上することにした、このあたりは橋の間隔は目と鼻の先に次の橋があり最初のが「水門橋」、上流にも下流にも水門が見あたらないのですが?、橋の袂に隣接して電話ボックスがあるのが珍しい

この中州の最初が今川の櫨(はぜ)の木にちなんで「うるし堤公園」と名付けられていて、苦手な人は名前を見ただけで蕁麻疹が
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-20 08:22 | 写真 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL