お花写真入門・・・紫陽花二題

b0057679_8263598.jpg

b0057679_8313648.jpg
難易度
カメラ仲間の先輩から昔「レンズの善し悪しは、氷砂糖を写したら判る」なる言葉を聞いたことがある,確かに角砂糖のマテリアル感を出そうと思うと露出云々がかなり問題になってくる、しかもオート撮影だとフラットな白い立方体が出来上がる、私は名玉を持ち合わせていないので試したことはない

で今日の上の写真だが、コンデジのオート撮影のため花がフラットになり、後からパソコンの画像ソフト(PhotoShop)で加工している、というのは花にピントは合っているのだが露出がオーバーになってしまっていた、また赤が強烈で面積が大きいため、花のマテリアル感は完全に吹っ飛んでしまった

花だけを選択し明るさをかなり暗くしてコントラストを上げたら、少しだけ花びらの形が判るようになったのだが、なんだか微妙に花が逆に浮かびあがり不思議な絵になってしまった

写真は何時も徘徊する途中にある小さな社、最近フェンスを作り直したばかりなのだが鉄の焼き付け塗装、赤が強烈である、フェンスの間から紫陽花が顔を出していた、色の対比が面白く撮影したのだがかなり難易度の高い被写体である

二枚目は日本の額紫陽花がイギリスに渡り、改良され逆輸入された紫陽花、花が豪華なので紫陽花と言えば今ではこちらがメジャーになった

b0057679_8322124.jpg

b0057679_8323978.jpg
<大阪八百八橋の二百五十五橋>またまた同じ名前の橋が、前のが俊徳で今度のが「生野俊徳橋」、同じ生野区なのに何故に?

しかもこの橋から上流が、折角買い直したポケット版の地図、昭文社の「超軽量 街っぷる 大阪」(1200円)に名前が殆ど掲載されておりません、つまり写真の撮影順番しか確かめる手段が無いのであります

もう一つ、HPで見つけた「歩いて八百八橋」平野川もずっと前にアップした十二番目の栄橋から上流の橋は殆ど名前が記載されず、もう一つのHP「平野川」は写真と大きさと完成時入りで、何とか記載されています、と言うことでこの橋が架けられたのは昭和61年であります
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-06-10 08:39 | 写真 | Comments(0)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL