春の忘れ物

b0057679_8495462.jpg
自粛・自立・自由
新聞のお天気は晴れマークだったのに、早朝徘徊から戻ってくると,突然かき曇り雷鳴と雹(書けませんでした)、猫たちがおびえ家の中を走り回っております

今年はついに花見をしなかった、京都時代は東山の中腹にあるアトリエの屋上で、京都市内を見下ろしながら下から舞い上がる桜の花びらを杯に受け、仕事仲間達と手作り料理とお酒で舌鼓

バブリーな時代には友達が中之島でバンドを入れたりコックさんを入れたり、それはそれは豪華な花見もありました

桜と言えば毎年毎年桜と名の付く歌が次々と出てくる、他の名前なら真似してと間違い無く言われるのだが,桜だけは固有では無く完全に一般名詞なった希有な花かも知れない

昔は「さくら」しかなかったのに、そこに森山直太朗の「さくら」が加わり、コブクロとケツメイシの「桜」、「桜坂」「SAKURAドロップス」「SAKURA」「桜色舞うころ」「桜木町」「サクラ咲ケ」「桜の木になろう」・・・歌好きならみな歌えるのでは無かろうか

そう言えばお酒抜きの花見をしたことがない

土曜に松屋町にある應典院のギャラリーへ田辺由美子さんの個展を見てきました、詳しくは明日アップいたします、さて素材は何でしょう?
b0057679_85399.jpg

[PR]
Commented by atsushi_63 at 2011-04-25 22:15
ごぶさたです。
最近は仕事が忙しく写真をアップするので精一杯・・・
素材はお砂糖のような気がしました。
なんとなくですが・・・
Commented by 白髭 at 2011-04-26 07:49 x
まさか魚の骨なんて?????
Commented by PUSH-PULL at 2011-04-26 09:00
atsushiさん お久しぶりです、何時もブログは拝見しております
正解は魚でした
Commented by PUSH-PULL at 2011-04-26 09:01
白髭様、正解したのはあなた一人!凄い、なんせ私は知っていたのに、実物を見てビックリしたぐらいですから
by PUSH-PULL | 2011-04-25 08:55 | 写真 | Comments(4)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL