鋭角住宅ってどう

b0057679_817556.jpg
空間の主張
日本シリーズは地上波で放送しないと聞いていたので諦めていたら、U局のテレビ大阪が中継、野球中継も聞き慣れぬアナウンサーが放送するとどうも違和感を感じる、もっとも関西のアナウンサーに比べて温和しいこともあるが(笑)

なかなか面白い試合だったのだが、サンと違ってきっちりの9時前に放送終了、苛立ったのはCM時間が長くCMが終わって試合が始まったら先頭打者がホームランを打った後、どんなスポンサー契約をしているのか知らないが無茶苦茶である

落合と西村は現役時代にロッテの先輩後輩、現役時代から落合は好きになれない選手だったが、監督になった今も苦手である

理由の一つに現役時代華々しい成績を残しながら、プロ野球選手会の活動には積極的に参加せず、しかし選手会がやっと勝ち取ったFAの権利を一番先に使って巨人入り、変わったところは2000本安打達成しても名球会入りを拒否、プロに入団したときから金田とそりが合わなかったとか

さて本題、同じ三角建築でも今までブログアップしたのはシャープで痛かったが、今日のはほんの少し暖かい、ビルと違って個人旧宅と言うこともあり先端がカットされている

これは木造という施工上の問題であり、自由な可塑性が最大の武器であるコンクリートに鋼やガラスをベースとする尖ったデザイナーのフォルムとは別の次元にある

前にも書いたがこの鋭角の空間を見る度に、内部の使い勝手の悪い隅っこがどう使われているかに興味を引かれるのであります、写真を見て気づいたのだがどうも一階のコーナーはお風呂場のようだ、これは間違いなく三角の浴槽では無かろうか、そして体を三角にして湯船につかる

ツタに植木に鋭角に合わせた物干しにいくら眺めていてもやっぱり面白い、ちょっと植物が絡むだけで建築物という堅さから、一気に人間の生活感が出てくる

現在の建築はその生活感を拒否するところに存在があり、鑑賞するには良いがヒジョーになつきにくい空間になっている、三で少し遊んでみました
b0057679_8364543.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-10-31 08:42 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL