ジュピター

b0057679_8343252.jpg「♪えぶりでぇ〜い、なんやら〜かんやら〜あ〜・・・♪♪〜ってか」
ジュピターと聞いて真っ先に浮かぶのが、ホルスト「惑星」のアルバムを歌っている平原綾香さん、神様の中でも一番エライお人でギリシャ神話呼びするとゼウス、同じかみさんでも、もとい!神さんでも、ギリシャとローマではまるで呼び名が違うがどちらかと言うとギリシャの方がポピュラー?

因みに木星ジュピターの他に「惑星」に入っているのは、火星=マース(戦い)、金星=ヴィーナス(女神)、水星=マーキュリー(商売)、土星=サターン(農業)、天王星=ユーラヌス(天)、海王星=ネプチューン(海)なのだが天王星クラスとなると呼び名を覚えていない

今回は音楽とか星の話ではない、そう!先日オークションで大枚をはたいて買ってしまったライカM2に付けるレンズのお話し、ポピュラーなM3のファインダーは50㎜レンズを元に考えられていて、広角を付ける時は別のファインダーを載せないとフレームが判らない

ところがM2は35㎜レンズをベースに考えられていて、ファインダー一杯が35㎜フレームなのです、ボデーのレンズの左横に付いているちっこいレバーを動かすと、あららファインダーの中心にある、50㎜90㎜のガイドが消えてフレーム一杯に35㎜用のガイドが現れる仕掛けなのだ、「あら綺麗!」ファインダーを覗いただけで感動してしまう私でありました       つづく

よしこの手の書き方をすれば、文章をうんうん言いながら短くせずに同じネタでそのまま何日も書けるのだ、それと長い文章だとこのブログ機能の一つPDF書き出しの時、複数ページなることに気付いたのだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-12-11 08:43 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL