大花って言葉、使わんなあ〜

b0057679_824280.jpg

b0057679_825869.jpg
でっか!
朝早く、長い髪をなびかせてとんでもないスピードで走る女性を見た、何思う

今時木蓮の花は咲くわきゃない、ましてやこんなにでかくはない、と思ったら「泰山木」の花でした、大きさは20センチより大きく真っ白で豪華である

そう言えば昔、60年代に労演というものに入っていたのだが、その時に観た民芸のお芝居に小山祐士作の「泰山木の木の下で」がある、宇野重吉演出で北林谷江主演の原爆問題を扱った見応えのあるお芝居でしが、長い間お芝居というものを見ておりません

2枚目のど派手な花は月下美人の仲間の「クジャクサボテン」で、こちらも10センチ以上ある、サボテンでもあのトゲトゲはなく月下美人と違って昼間でも咲いているのでこうして撮影出来ました

見た目美しても、ここまで大きくなってしまうと、普段見なれていないからか抵抗感が生まれてしまう、これは私より背が高く足の長い美人に遭遇したときにも言えることで、なかなかお友達になれないのだ

まもなく我が家の月下美人も咲く季節になるのだが、まだ蕾も出ておりません

今日はこれからコレステロールの検査があり、病院オタクとしては楽しみです

b0057679_831758.jpg

b0057679_833396.jpg
<八百八分の百五十三橋>このあたりになると地図でもよく判らなくなってくる(笑) 小さな橋で「十六個橋(じゅうろっかばし)」大阪中心部の橋はすべて「はし」なのだがここは珍しく「ばし」の表記

すぐ横に「徳庵揚水桟場」なる寝屋川から水路に水をくみ上げるポンプ場がある、立ち入り禁止のポンプ場のすぐ横に個人宅らしい家があり表札まで、どうなっているのだろう?
b0057679_834895.jpg

b0057679_84258.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-06-08 08:10 | 写真 | Comments(0)

良い面構えののらら、私が口を鳴らすと少しだけ近寄ってきた


by PUSH-PULL