スポークが折れた

b0057679_8474477.jpg
安治川越え
少し前からバイシクルの手入れを時々やっておるのだが、ロードレーサーのタイヤを新しく取り替え何度か走ったのだが、今度はチャリ人生で初めてスポークが折れた!、自転車も持ち主と同じでかなりガタが来ているようであります

休みの日に行きつけの弁天町にあるサイクルショップに電話をしてからお出かけ、今時の自転車はスポークとリムと一体型になっていて、お店でスポークまで組み立てることはないそうである、お店に行って折れたスポークを持参して正解で、同じ径のタイヤでもスポークの長さの違いがありました

1本折れると次々折れる可能性があるとのこと、まとめて買おう思ったら在庫は1本!、次に折れたら取り寄せて貰わなければならないようだ、ブログにも書いたがギアーワイヤーの固まりメンテには無溶剤のシリコン潤滑がいいそうなのでそれも購入、これが後日、古いカメラのメンテナンスに大活躍するとはその時思いもしなかったのであります

b0057679_8475778.jpg

壊れていないMTBでのんびりとお出かけ、行きは久しぶりにEVで地下に下りる安治川遂道(上の写真)を利用、もともとここには「源兵衛渡し」があったのだが、交通量が増えたので昭和19年に自転車と人とのためにこの遂道が出来たのである、最初は車も通れたとか(有料)

b0057679_8481051.jpg

帰りは頭の上を走る43号線(西大阪線)が気になってしまい、階段を押して上がり安治川大橋をチャリで通過、河口に見える安治川大水門のアーチが美しい、向こうの方にUSJと大阪港の観覧車が見える、この橋は安治川とすぐ北を流れる六軒屋川を跨ぐ橋で、自転車の通行も結構多く上で写真を撮っていたら沢山の自転車とすれ違いました

b0057679_8553871.jpg帰ってから久しぶりにニップル回し(左のスポークを締める金具)を取り出して修理、スポークを触る時はリムのブレや正円を工具を使って調べるのですが、勿論そんな工具はなく適当にバランス取りました・・・恐ろしい

下の写真が出かけるときの出会った光景、私の町は市会議員の補選まっただ中、落下傘の女性候補の応援に来た私の嫌いな橋本君であるが、やはり人気は凄く何処に行くにもマスコミがぞろぞろ、「大阪維新の会」と言うイマイチよく分からない仲良し会を作ろうとする初めての選挙、配られてきた選挙公報ではその維新の会の女性候補者だけが年齢が判らないだが、なんで?
b0057679_848253.jpg

[PR]
Commented by atsushi_63 at 2010-05-21 18:20
大阪には自転車関連の工場が多いですね。
学生の頃、シマノの下請け工場でバイトしたことがあります。
南河内にはキャットアイの工場もありますしね。
都会の移動は、車より自転車の方が快適で早いですね。
私の住んでる山間部の住宅地では、自転車はキツイです。
Commented by PUSH-PULL at 2010-05-21 21:24 x
stsushiさん、シマノのバイトって物を作っていたのですか?
大阪市内の自転車好きは、休日に連れもってわざわざ箕面の山奥まで往復100キロ午前中に行って帰ってきます
私はそんな疲れることはいたしませんが(笑)
Commented by atsushi_63 at 2010-05-21 23:23
シマノのバイトは変速機のパーツやギアを作っていましたね。
全て鉄板やアルミ板をプレスして作ります。
セッティングしてしまえば、機械がガッチャン!ガッチャン!と勝手に量産してくれます。
Commented by PUSH-PULL at 2010-05-22 08:57
atsushiさん、その頃の町工場はどうなっているのでしょうね
堺は刃物に自転車に金物関係が多いのかしら、何処を掘っても鉄鉱石もたま鋼も出てきそうにない(笑)
by PUSH-PULL | 2010-05-21 08:57 | 写真 | Comments(4)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL