花のある歩道

b0057679_88118.jpg

b0057679_882631.jpg
歩行者ゼロ天国
先日北港をウロウロしたときに写したもの、場所は環境事業局横、つまり我々市民の舞洲のゴミ処理場の裏側なのだがどう見ても人が歩いた気配がない、今時誰も歩かない歩道があるのかと、折角世間の非難を浴びながら莫大なお金を使ったゴミ処理場なのに・・・

敷地内も一部は入れるようになっているのだが、休日の昼下がりというのに誰とも会わなかった、内部を見るには予約が必要とか

小花だが近づいてみるとなかなか可愛い花、帰ってから調べたらどうも帰化植物の「マツバウンラン(松葉海蘭)」ではなかろうか、最近は図鑑で調べるよりネットで調べた方がうまくいくことが多い、季節・花の色・花の形など色々な分類から調べられるので私にも分かり易い

印刷された植物図鑑は名の知らぬ写真だけの花を調べるのはホンマに難しい、読めない漢字をパソコンに打ち込むのもこれまた大変なのだが(笑)

b0057679_884320.jpg
<もさくとまいまい>私の友人に猫アレルギーの男がいるのだが、彼女が猫好きでマンションは猫だらけ、部屋の片隅に置かれていたのが、調べて判ったのだがキャットタワーと言う猫専用の遊び道具が置かれていた

まだ摸作と舞々が小さいとき庭の木を登り、屋根伝いに移動するようになったので仕方なく木を低く切ったのだが、切りすぎたのか芽が出ない、木の幹は猫の絶好の爪研ぎとなってしまった、そこで思い出したのがキャットタワー

休みに大工さんに変身し幹にビス留めで完成させたのだが、なんとその数日後小さな芽を発見、慌ててビスを抜きジュートロープでくくることにした、しかし折角昼寝場所を作ったのに猫たちは見向きもしない・・・

待つこと10日、やっと私の手作りのステージにくつろぐ猫発見、作ったかいがありました

調べたらちょっとしたタワーで2万前後もするではないか、驚きである、世の中子供の人口よりペットの数の方が多いとか何かがおかしい、先日鶴見緑地へ出かけたときにも数十匹の犬とすれ違ったのだが、全部が高額のブランド犬で雑種は皆無に近い

何時も猫や犬と生活している私だが、洋服を着せ大事に育てられている犬や猫と出会う度に、なんだか世の中おかしく見えてくるのです
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-05-08 08:13 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL