所変われば銭湯も

b0057679_8544799.jpg
風呂!飯!
久利須村からみんなで会食に出かけた、高岡に行く途中にあるとっても小さいが上品なスーパー銭湯の「凧の湯」を目指したのだが月曜日はお休み、せっかく大阪から出てきたのにガッカリなのだが勿論相手はそんなことを知る筈もない、この風呂はお湯の浴槽の直ぐ横に水風呂があるという面白レイアウトで行ったり来たりが瞬時に行えるのであります

ではと言うことで今度は高岡にある大きな「陽だまりの湯」へ、手塚治虫の長編漫画のタイトルのような銭湯でもある、4日でも思いっきり満員、通常の百円を入れる下足箱には勿論長靴が入らないので写真のような光景が出来上がる、冬の北陸ならではの光景である、しかし中にサンダルが混じっているのだが何処から来たんやろ?

そう言えば以前こちらに出来たファッショビルで入り口に「下駄履き長靴お断り」の張り紙を見たことがあるのだが、これは富山の人に入室お断りと宣言しているようなもの、成人の日でも着物姿に長靴が定番なのですから(笑)・・・先の張り紙のお店は直ぐに無くなったようですが

最近のスーパー銭湯は何処もレベルが高く清潔で心地よい、この「陽だまりの湯」は大阪で私が時々行く「一休」とレイアウトがよく似ているので間違いなく同じ設計だろう

満員と言えば、子供の頃の大晦日の銭湯の洗い場で空くのをまった記憶があるが、それ以来の洗い場満員!かしら

b0057679_855525.jpg
お風呂の後はお食事、途中で調べておいた高岡の商店街にある中華「金龍菜館」へ、麻婆豆腐が美味しいとかで早速注文、色々2人前ずつ注文しようと思ったら値段が千円オーバー、慌てて餃子以外は1人前に変更、廻るテーブルのお店は値段も少し高いが量も多い、一人で行って注文するとエライ事になるのだが案の定1人前で充分でした

四川料理のお店で麻婆・餃子以外には、ピータンに鶏唐揚げにラーメンにチャーハン・・・どれも独特の香辛料が使われていて食べた瞬間「ウン?」と考えてしまった、一番驚いたのは餃子が少し甘かったことである、一応合格の味でございました

※夜にストロボを止めて歩きながらの写真はやはりぶれておりました
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-01-07 09:01 | 写真 | Comments(0)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL