望遠と鳥

b0057679_910164.jpg

b0057679_9103164.jpg

やっとこさ
昨日の銭湯はいつもよりお客が多いと思ったらゆず湯、広々とした露天には大量のゆずが袋に入れられてぷかぷかと浮いている、湯に浸かるとほのかなゆずの香りが漂ってきてそれだけで暖まりそう

冬至にゆず湯に入る謂われは「冬至=湯治」と「ゆず=融通が利く」とあるがどちらも意味をなしていない、ゆず湯に入ると風邪を引かないとも言われているのは、ゆずの皮にミカンと同じ血行をよくする成分があるらしく体の新陳代謝を高める、となるとミカンでも言い訳だが・・・

詳しくは皮に含まれるピネン・シトラール・リモネンの働きで血管が広がり新陳代謝、ノミリンなどには鎮痛・殺菌作用、クエン酸とビタミンCによる美肌効果・・・結局の所効能のほどはよく分かりませんでしたが、風呂に入るだけで体は温まるのは間違いありません

ここから今日の本題、少し前淀川の鳥たちを撮影に出かけたのだが、私の300ミリではアップ写真が遠すぎて撮影出来なかった、ここ数日朝の散歩には望遠を持ち歩いていたのだが、やっとこさ堂島川の被写体が近づいてくれた、水の上の鳥にはこちらから近づけないのでただひたすら機会を待つだけ

デジカメの良いところは望遠による手ぶれには、カメラ本体の機能でASA感度を上げることによってオート撮影でもかなり防止することが出来る、フィルムカメラだと手持ちでは殆ど不可能に近く今日の写真のレベルまでなかなかたどり着けない

私レベルのカメラ好きには気兼ねなくシャッターを押せるのは非常にありがたい、下手な鉄砲も何とかで1枚ぐらいましな絵が出来上がることもある、仕事柄選択眼だけは少しはましだと自負しているのだがどうでしょう?これで光があれば言うことなかったんやけどね

鳥たちは遠くで見る限りなんだか乾燥したイメージがあり触ってもカサカサした気がするのだが、こうしてアップして眺めてみると何とも言えない滑らかなラインを持っていて美しい

鳥も飼えばそのあたりの感覚があるのかもしれないが、私は犬猫熱帯魚止まりで鳥の皮膚感までよく分かりませんでした

b0057679_9224159.jpg

<もさくとまいまい>どんどんと2匹の体型に差が出てきた、舞々はずんぐりむっくりの俗に言う下半身デブ、摸作はよりスマートに、多分舞々の体重が模作を追い越したのではないだろうか
[PR]
Commented by 白髭  at 2009-12-23 09:28 x
きれいな写真ですねえ。素晴らしい・・・・!!! 
Commented by yasu at 2009-12-23 10:48 x
ベタ凪の水面にカモ
ユリカモメのアップなら我大川右岸で300mmならバストアップが狙えます。
また、水鳥は水をはじくため羽毛に油分があり落ち羽を触っても艶やかですよ。
Commented by PUSH-PULL at 2009-12-24 09:19
撮してから水中の足まで写っていてビックリ、鳥は表情がないので面白い写真はなかなか難しい、ましてやカメラ目線は奇跡的かも
by PUSH-PULL | 2009-12-23 09:07 | 写真 | Comments(3)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL