行灯ならぬ昼間のガス灯

b0057679_8364099.jpg
「ガス灯」
イングリード・バーグマンの映画に同名の作品がありましたが勿論関係ございません、私の住む福島区の西の端に仕事の材料仕入れに何時も買い出しに出かけるコーナンプロがある、いつもの癖でお天気がよいと違った道で往復する

コーナンの直ぐ北側にあるのが下水処理場、その横っちょで目に入ったのがこのガス灯である、私の記憶にはガス灯などという照明装置はむろんない、このガス灯は下水処理に際に発生するメタンガスを使って灯されているのだが夜このあたりに来ることがないので明かりを見たことがない

b0057679_8365931.jpg調べて判ったのだがガス灯の歴史は古く1797年で200年以上も前のことになる、ガス灯をガスマントルと言い発明した人の名がカール・ヴェルスバッハ

日本ではお金持ちの照明器具で一般的には石油ランプ、白熱電球が行き渡るようになってガス灯は消滅していった

そういえば大阪の三休橋筋の街灯はガス灯で綿業会館あたりは大阪でも有数のレトロな町並みであります、左の写真はネットから無断拝借したモノだが船場あたりはどんどんと糸偏産業が元気がなく更地が増えつつあるがお洒落な古いビルも沢山残されております

下水処理場界隈は綿業会館あたりと違ってガス灯が少しも似合わない、せっかく設置するならガス灯も2基だけでなくやるなら通り全部点けて欲しかったなあ、少しはお洒落になるのでは

b0057679_8371767.jpg
<もさくとまいまい>掘り炬燵の布団に舞々が寝ていると蹴飛ばしそうになる、こうして写真で見ると明らかに猫なのだが離れてみると迷彩色で布団に同化してしまっているのだ、それにしても背中が温かいからか気持ちよさそうやなあ〜
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-11-22 08:51 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL