所変われば長屋も変わる

b0057679_8261621.jpg
長屋事情
私の住む福島区では見かけない光景で、門柱のある長屋は非常に珍しい、時代劇などを見ると長屋の入り口に木戸が設けられてどちらかと言うと隔離目的の長屋を見かけるが、勿論この長屋には扉はない、きっと出来たときはハイカラな長屋だったと思われるのだが

b0057679_8263525.jpgネットで仕事に使うワイヤーパーツを購入したのは良いが、仕事の納期が繰り上がり東大阪まで部品を昨日取りに行くことになってしまった、近鉄大阪線に乗るのは本当に久しぶり

地下鉄千日前線・近鉄奈良線から鶴橋で近鉄大阪線国分行きに乗り換え、途中で「しゅんとくみち」と聞いても文字が浮かばない駅があったり、若者達が大量に乗降車する近畿大学の長瀬駅があり、次が目的地の東大阪の最後の「弥刀」

この駅も知らない人が見たら読めない駅の一つかもしれませんが読みは「みと」、この駅から急にローカルになり登りと下りと改札が別々、構内で繋がっておらず踏切を渡らないと反対側のホームにはたどり着けない

駅周辺だけは旧市街地らしく道が入り込み見通しがきかない、路地をくねくねと歩いていると突然豪邸出くわし驚かされるが、車の出入りは少々不便な立地条件で住宅がびっちりの立て込んでいる

帰って地図で判ったのだが直ぐ東に近畿自動車道が走っていました、また駅の東側には長瀬川がある、何処へ行ってもそうだが小さな川のそばは必ず道が入り組んでいる

駅からかなり離れた会社までの往復も、廻りを見学しているだけで苦にもなりません、歩くのも仕事一筋ではなく楽しめるのがよろしいようで、ガラガラの商店街を駅まで戻りました

弥刀駅では丁度上六行きの各停が入ってくるところだったが勿論踏みきりで間に合わず(写真)・・・と思ったらなんと2列車の通過待ちで無事乗車で座席も確保、次の長瀬で近大生がどやどやと乗り込んできたが私の直ぐ隣に座った学生は座るなり足を組み携帯で電話

久しぶりである、ここまで堂々と自分から電車の中で電話をかける人を見かけたのは、長々と2駅ほど電話をしていたが会話内容は別に急ぐ話でもなく、私もそうだったが20前後はどうしようもない何かがあるのよなあ〜、ただただ世に反抗するというかいじけているというか(笑)

b0057679_827386.jpg
<もさくとまいまい>今朝の二匹、私が仕事場でPowerBookを広げると直ぐに膝に乗ってきた、少しは仲直りできたようだがなんせ重い、後から上がってきたサブを敬遠し舞々は直ぐに何処かへ行ってしまった
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-11-13 08:34 | 写真 | Comments(0)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL