木登り猫

b0057679_856449.jpg
猫写真
・わぁ〜もう今日で十月終わりじゃあないですか・・・そうですね
・明日は雨だそうで・・・そうですね
・明後日は北部では雪が降るそうです・・・そうですね
・半珍キャッツ、ドラフト見事に引き当てられずで11連敗・・・そうですね
・今朝、雪隠で用を足していたら蚊においどを刺された・・・・「えっ?」

イギリスで黒猫は不幸になるとかで虐殺されているなどと言う飛んでも無い話が舞い込んできた
一方私が毎日かよう公園では野良に餌をあげるおばさんを見て、私と目があった知らないおっチャンが「野良に餌やったらあかん、そんなことするからなんぼでも増えるんや」と話しかけてきた

しかしその餌をあげているおばさんが私に猫を紹介した本人でありまして、そのグループは捨て猫を拾ってきてはワクチンに避妊手術までして里親捜しをしている、勿論おっチャンにしたらそんなことはご存じない、難しいものである

書店では平積みで猫の写真集が並び色々な猫カレンダーがあり猫カフェが人気、犬猫の病院と美容院があちゃらこちゃに一杯出来、コーナンのペットコーナーはますます広くなり、犬も猫もそうだが一度でも飼うと他のが気になってしかたがない、私自身シーズーの犬々のおかげで毎朝の散歩が始まり、色々な友達が増え、犬種を覚え名前などは優に百を超す

今日の写真は公園で一倍小さい猫で、犬が近づくと猛然とかかっていく猫が一匹いるのだがその子供である、ばっちりカメラ目線でよく撮れている(自画自賛)

猫は小さい頃は私が知る限り無駄に走り回る、その一つが木登りで家猫では考えられないことなのだが人間から見ても楽しそうである、時々公園に首輪にリードを付けた猫が散歩にやってくる、その猫は木登りが大好きで直ぐに登っていくのだが、どの猫も降りるのが苦手で最後は植の方から飛び降りる

ネズミが木を囓るのとは少し違うが、猫のツメは木登りをすると快感なのかもしれない、京都で飼っていたペルシャもそうだがだいたい猫は高いところが好きである、これは猫が道の真ん中を歩かないのと同じで猫の防衛本能の表れだろう
上記に当てはまらない猫はほぼ人間猫と思って間違いない

b0057679_8562381.jpg
<マクロの中に>毎朝の散歩で無数の小花と出会う、小さい花をバカデジの花モードで撮影したりルーペで見たりすると大きな花と違った別の美しい世界がそこに存在する
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-10-31 09:10 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL