砺波の散居村

b0057679_759176.jpg
やること一杯
久利須村の朝は6時半のラジオ体操から始まる、朝食の後は畑に野菜の収穫に、谷間では何故かウグイスが鳴き車で走るときは昼はホオジロ、夜はハクビシンがヘッドライトに浮かび上がりのんびりと道路を横切る、毎年毎年こちらに来ているがハクビシンの姿を見たのは初めてである

上の写真は砺波平野の散居村である、山から見るとよく分かるのだがそれぞれの家が自分の田のすぐそばに建て集落を作らずバラバラなのは珍しく全国的に有名なのだ

砺波のスーパーまで買い出しに出かけ昼からなんだかんだと料理三昧、久利須の主が誕生日と言うこともあって少し贅沢にメニューを考えた

b0057679_802261.jpg

私が作ったのは特上ビシソワーズとスペインオムレツとマグロとホタテのカルパッチョ、付け合わせに冷製のズッキーニと人参と白茄子を添えたがこれも旨かった、こちらで作っている野菜と地場の玉子で作ると味も最高なのである

ビシソワーズを作ったのは久しぶりなのだが素材のジャガが良いと味も最高で子供達も大満足、結婚したばかりの甥の彼女がパティシェ、彼女がそこにトマトの冷製パスタのとカルボナーラを作ってくれて豪華な夕食と相成りました

昨日は小学時代からの友人でもある久利須の主の誕生日、彼のためにバカでかいケーキを彼女が作ってきてくれました、プロが作るケーキは市販のものとは比べものにならないぐらい旨い、ホーチュンクッキーでケーキを取る順番を決め、鳴り物入りのバースデイソングで腹一杯ケーキを戴きました
b0057679_81477.jpg


甥が参加していたアフリカ音楽のバンドのリーダーであるサカキ・マンゴ氏がやって来て更に盛り上がる、彼は今月末富山で開かれる世界民族音楽祭スキヤキに出演するために来ている、ジャンベにリンバにアフリカのリズムを教えて貰いながら絶好調、サカキ氏はカリンバでは日本最高の奏者でアフリカ音楽の世界で今売り出し中なのであります
b0057679_843710.jpg


『久利須の犬』ベルちゃんは何時会っても必ずわんわんと吠えるのですが近寄ると諦め温和しくなり撫でさせるのであります、客が来ると一番先に反応するので非常に役に立っている
b0057679_852873.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-16 08:14 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL