昔の記念写真

b0057679_83508.jpg
あっちゃこっちゃ
一人テレビのときはチャンネルをウロウロする癖は昔から、おかげでどの番組も秒単位で見ている、途中某日の丸テレビで戦争のドキュメンタリーが、そこに日本海軍の水兵さんの記念写真が出ていた

写真を見ていて感じたのだが記念写真の撮り方が今とまるで違う、というのは撮されている人が誰もカメラを見ていない、それぞれの視線がバラバラなのである、今時そんな写真を出来るのは曰くありげなモデルさんぐらい

ガキの頃、学校の記念撮影の時はでっかい木の三脚の上にボックスカメラ、写真技師のおっチャンが頭から黒い布を被り、ピントを合わせてから「さあ皆さんこちらを見て下さい、鳩さんが出ますよ」と注意を引き、真っ昼間でもマグネシュームのストロボから閃光とけむりをはき出し撮影していたのを思い出す、ホンマに鳩が出たら拍手するつもりだったのが願い叶わず

記念撮影とはことほどさように、いかにカメラのレンズに視線を集めるかがカメラ技師の仕事の一つでもあったのだ

先日、尼崎で見た写真展に日本の写真の開祖と言われている上野彦馬氏の写真が多数展示されていたのを思い出した、その中の慶応年間に撮影した記念写真をネットから拝借した

こんなけようさんいてるのに誰もカメラを見ていない!不思議な空間で見れば見るほど不自然である

写真を撮られると魂を吸い取られるという事が信じられていた時代があったが、日本の写真にもその伝説があったのかしら、いやいやカメラマンの美意識がモデル達をあっちゃこっちゃ視線をバラバラにしたのだろう

と思って昔の写真を見ると殆どと言っていいぐらいこちらを見ていない、龍馬を始めあさっての方向も見ているのであります、ならばいつ頃からカメラの見るようになったのだろう・・・謎は深まるばかり

b0057679_8361945.jpg

ますます好評の子猫たち、裏庭の出入りを化粧ベニヤ通行止めをしていたが見た目も暑苦しいので、コーナンまで出かけスティールの柵を購入、我が家は縁側にトイレと洗面がありベニヤの時もそうだが用あるたびに跨がねばならないのだ

久しぶりに猫じゃらしに絡んできた、あわててカメラを持ってきて再度挑戦、どこをどう撮っても絵になりますなあ、じっとしていることがないのでバカデジではなかなか難しい被写体であります

b0057679_8363544.jpg
<八百八分の百二十九橋>昨日と同じ大野川に架かっているのだが、これを橋と呼ぶか迷ったのだが欄干もあったので入れることにしたのだが親柱も名前もない、むむむで「名無しの阪神なんば線横っちょ橋」、この橋のすぐ南に数少ない漢字一文字駅の「福駅」があります
[PR]
Commented by ひでじぃ at 2009-06-30 09:11 x
子猫はほんまにかわいいです!写真を見てるだけでもほのぼのとします。日曜の早朝に我が家のばあさんネコが逝きました。ネコ所帯がが減ってきて、気が落ち着いたら、子猫でも拉致してきますか、、、。
Commented by PUSH-PULL at 2009-06-30 09:48
ひでじぃ様、ばあさん猫は幾つだったのですか?

犬でも猫でもいなくなるのは寂しい限り、お悔やみ申し上げます
Commented by ひでじぃ at 2009-06-30 11:17 x
約18年でした。昨年の冬に死んだバアさんネコは20年を少し越えてました。最近高齢化で毎年逝っています。
by PUSH-PULL | 2009-06-30 08:43 | 写真 | Comments(3)

のららのチェシャと ますます接近中


by PUSH-PULL