西淀川めぐり

b0057679_8202756.jpg
<八百八分の百十八橋>
地図で見るとシンプルで何ともなかったのだが、行くとこれが大変、上の写真は左門殿川と神崎川が合流し中島川になる
b0057679_8345394.jpg

中島川の最後に架かっていいる橋が「中島新橋」、もっともこの先に自転車は通れない湾岸線の中島川橋が遙か彼方にある、問題は橋が見えているのに素直に橋のたもとにたどりつけなかったこと、途中で自転車も人と通れない段差があったり、行き止まりだったりと最悪
b0057679_8361358.jpg

やっとたどり着いたら思いっきりの登りでがっくり、古い地図には載っていない橋で、多分湾岸線の出入り口へ行くためだけに造られた橋のようだ、写真を見ても解るように廻りは雑草だらけで町中とは思えないほどだ

もっとも人も自転車も出会うことのない工業地帯で殆どが鉄鋼関係である、何とかたどり着けたのだが橋が自転車で通れるかどうか解らなかったぐらいなのだ、途中で2回自転車を担いで段差を下りたぐらいで都会とは思えない完全に車優先の町、印象としては最悪だったのが大阪市西淀川区中島

多分2度と訪れることの無い町だが、逆の意味で印象深く都市計画などと言う言葉はこのあたりには当てはまらないのではなかろうか
b0057679_836549.jpg

b0057679_8375054.jpg

橋は尼崎側の運河と中島川をまたいで架かっているので橋としては一つなのだろうか?親柱も橋の途中にあり、となるとそこまでは単なる陸橋なのか不明
b0057679_8391391.jpg

橋を渡りきると案の定行ったり来たりの坂の折り返しの下り、自転車に乗ったまま下りてきたがブレーキをかけっぱなしの坂でありました

下りたところは歩道なのだが植木の手入れが一切されていないので、道幅が半分以下に狭まっている、所々頭を下げて通らないと危ないぐらいなのだ、車以外誰もこの橋を利用していないのかしらね

橋を下りて湾岸線の出入り口に通じる道路に出ると、信号もなく車専用道路に近く自転車で向こうに渡るのも大廻りしなければなならい、直線の見通しの良い道路と思った途中でお供えに出会った、お供え物と書き込みから判断すると中学生と思われるのだが、こんなに一杯なのを見たのは初めてである
b0057679_8445480.jpg

[PR]
Commented by 白髭 at 2009-06-19 09:46 x
都市無計画と言いたいほどですね。物凄く立派な橋ですが そんな必要があったのか? ペーパーの上での計画を 有り余った税金で作れたいい時代の産物でしょう。 

お供えは大げさですが面白いですね。利用している中学生もいるのだ。親友のラブレターの様ですが どういう意味なんでしょうか?
by PUSH-PULL | 2009-06-19 08:52 | 写真 | Comments(1)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL