土のある暮らし

b0057679_8382413.jpg
路地
よく見るとこの路地は昔のままの土の道、私の住む町で土の路地を見ることはまず無い、町中が舗装され公園か川原にでも出かけなければ土を踏みしめることは無くなってしまっている

ガキの頃は家の前の路地で、釘を刺して遊んだり穴を掘ってビー玉遊びをしたり・・・今はやりたくてもに近所では不可能である、公園ではちびっ子達が私から見ると何が面白いのかと思うぐらいただただ土や砂をいじくって遊んでいる、基本的に人間というモノは土いじりが好きで楽しいものなのだ、手という道具が感じる実感かもしれません

確かに舗装という文明の力で隙間だらけの我が家の畳がザラザラにならなくなっていることは事実なのだが、おまけにそのころは掃除機もなくせっせと箒で掃きまくっていたのだ

舗装も最近は親水性の技術が出来たので水たまりは格段に少なくなり、排水も行き届きおかげで車に溜まり水を引っかけられることも少なくなった、大阪市は水洗便所を含め下水は確か日本で一番進んでいたような

下町の路地は、我が家の所もそうだが私有道路がたくさんある、舗装するには路地を所有する家が割り勘で費用を負担せねばならずな、道が痛んでもそう簡単に補修することは出来ない

そこで登場するのが市への陳情となる、私有道路といえ道は道、個人的に使うことの出来ないスペースは市が買い上げメンテをして貰うのだが一番なのだが、市の方もまず首を縦には振らないのである

b0057679_8385285.jpg
<八百八分の九十五橋>これをカウントするかどうか非常に迷ったのだが、今はフェンスにで通せんぼされているが間違いなく人が渡れる橋なので入れることにした「十三軒川の吊り橋風」

行く途中に子供が喜びそうな岩をレイアウトした小さな滝らしきモノがあったのだが、岩や石以外のどこもかしこもコンクリート、見るからに痛そうで遊ぶには要注意!特に小さい子はあぶないやろなあ〜
b0057679_839650.jpg

[PR]
Commented by 白髭 at 2009-05-15 09:24 x
可愛い橋ですね。なぜ通せんぼなんでしょう?
Commented by PUSH-PULL at 2009-05-15 16:55 x
渡った向こうが工事中かと思ったが、綺麗に仕上がっている
考えられるのは、橋の強度問題(笑)ではなくて、向こう側にどなたかがお住まいになるのでは心配してのことと思われる
by PUSH-PULL | 2009-05-15 08:47 | 写真 | Comments(2)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL