ハーフサイズ

b0057679_8181884.jpg
b0057679_8183016.jpg
やっとこさカメラテスト終了
以前ブログでリコーオートハーフのセレンメーターを太陽電池に交換して写せるようにした話を書きましたが、今日はその実写テスト

カメラ仲間のN島氏が無料で現像してくれたわけだが、ハーフサイズのカメラを使うのは何十年振りだろうか、36枚撮りだとモノクロネガで72枚写せるわけなのだが、撮影目的がはっきりしていないとなかなか消化できないのが本音である

写すとなるとデザイナーの端くれ少しは被写体を意識するわけで・・・おまけに太陽電池に交換したけれどシャッターは押せるがオート露出の方は結局ダメ、仕方がないので自前のホクトレンダーの小さな露出計を頭に載せて撮影

b0057679_8185347.jpgリコーオートハーフは底にある(写真の矢印部分)でっかいつまみををギリギリと巻き上げておくと、スプリングが働きシャッターを押すたび自動巻き上げという、30年以上も前のカメラにしたら夢のような機構を備えたカメラで、オリンパスペンとハーフの世界を築き上げたのが理解できる

レンズもF2.8と結構明るい、だが、だがしかしなのだ〜!、面白い写真になったとはいえ余りにも解像度が悪すぎた、フラットヘッドスキャナーの透過原稿モードで300dpiでスキャニング

古いカメラなのでわざとレトロっぽい被写体を選んだのだが、できあがりの写真までレトロになってしまった、ならばより一層面白くするため2枚目はモノクロ写真をセピアにしてみたのだが

同じフィルムで新しいカメラのベッサでも撮影したのだがこちらはちゃんと写っているようで(未スキャニング)、となるとやはりレンズなのか

フィルム1本、町のラボ屋さんで現像プリントするとなると・・・あなおそろしや〜
今時のバカデジのレンズはリコーオートハーフと殆ど同じ大きさ、ちゅうことはレンズの性能がものすごうようなったと言うことなんやねえ

b0057679_822359.jpg

<八百八分の九十四橋>十三軒川をさらにのぼる、つぎは「住之江小橋」まさに小橋、太鼓橋になっていて車椅子や乳母車に自転車用に横にフラットな橋も並んでいる、よく見ていたら誰も太鼓橋の方は渡らず狭い方の楽な方を行き来しておりました

橋の横のガーデニングがとってつけたような景観なのだが無いよりまし、しかしこの人工の川のある公園は都市計画のレベルで考えると、どなたが設計されたのか知らないが色々と問題が多すぎるのであります
b0057679_8222194.jpg

[PR]
Commented by 白髭 at 2009-05-14 09:18 x
私の持っていたリコーオートハーフは 非常によく写って こんな写りではありませんでしたが???
Commented by PUSH-PULL at 2009-05-14 10:33 x
やっぱり!
本来のこのカメラはとてもよく写るカメラで、色々なカメラ好きのブログを見てもこんな写真は確かに1枚もありませんでした

Commented by GuGuGammo at 2009-05-14 10:57 x
.。o○美しい、撮影された写真が、1950年代になっている!!
\(^o^)/
これぞタイムマシンカメラの真骨頂というべきか!
せめて2700dpi、できれば4000dpiぐらいでスキャンしないと。。~('O')~
Commented by PUSH-PULL at 2009-05-14 11:29 x
ご指示に従いとりあえず2400dpiでスキャニングしましたが、くっきりとぼけました(笑)
見た目はほぼ同じです
Commented by GuGuGammo at 2009-05-14 13:22 x
.。o○ふむふむ、ということはそのフラットベッドスキャナの限界?まさかそんなことはなさそうなのでカメラの不具合?その線が濃厚ですね。
\(^o^)/
by PUSH-PULL | 2009-05-14 08:26 | 写真 | Comments(5)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL