お宅訪問

b0057679_8411125.jpg
絵になるならない
な〜んてどうでもいいんだけど、下町散歩をしていると見慣れた風景の中に時々我が金銭?もとい琴線がチリンと鳴ることがある、今日の写真がそれ

新しくておしゃれなお家は、見た瞬間敷地の坪数と建築費に頭が走り、後はデザインゴニョゴニョでハイお終い
b0057679_8441584.jpg

ところが取り壊しのビルや人の住まなくなった家は見ていてなかなか飽きない、取り壊しの理由や一家離散の原因を勝手に想像してしまう

そういえば話は変わるが、先日江口洋介が久しぶりに「木枯らし紋次郎」を熱演していた、「あっしには関わりがねえこことでござんす」なるセリフが有名だが、エンドロールに流れるナレーションの「上州新田郡三日月村の貧しい農家に生まれたという。十歳の時に故郷を捨てその後、一家は離散したと伝えられる。天涯孤独な紋次郎。なぜ無宿渡世の世界に入ったは定かではない」がヨロシイのでありまして・・・

そう、一家が離散するとこうなるのだろうか

今日のお家で気になったのは玄関に取り付けられた、真新しい感知センサー付きのスポットライトなのであります、何故にこのまさに崩れ落ちそうとする家に取り付けられているのか理解できないのでいるのだ

b0057679_8452190.jpg
<八百八分の九十一橋>昨日の「亀の甲橋」は細井川を北に曲がりさらに西へ曲がって住吉川になり川幅が広くなったところに架かっているのだが、実は細井川が最初に右に曲がるところの左、つまり南側から川が合流していたので、そちらに少し上ってみることにした

阪神高速堺線の真下にあるので地図でも記載されていず、このあたりの橋は名前も載っていない、川の名前は「十三間川」で上の写真を見ても判るように完全に人工の川のようだ、ところが完全に公園化していて架かっている橋が笑ってしまった、追々出てくるのでお楽しみを、今日は橋そのものは普通の「土屋橋」でここから川が面白くなる
b0057679_845339.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-05-12 08:50 | 写真 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL