ねんき力

b0057679_823435.jpg
新建築
そういえば最近建築雑誌を見る機会が皆無になりました

久しぶりにガムテープハウスの前を通ったら完全にしまっていて、左側にあった自販機も無くなっていた、以前は右側のトビラを開けたままでテレビを見ながらおばあちゃんが物が一杯の部屋で営業をやっていた、そしてさらに遡ること数年前はまだテープが貼られたばかりで出会ったときの衝撃は凄かったたばこ屋さん

b0057679_82152100.jpg
ツタの生える家は一見「?」がつくのだが、家そのものはしっかりしていて四季折々の花を毎月毎月咲かせている、公園の近くにあるのだが意識してみるとどんどんと家そのものがだんだんと取り込まれているような気がする

私の玄関の植え込みにもツタが一本植えられているのだが、非常に生命力がありコンクリートであろうが板であろうが鉄板であろうがガラスであろうが繊毛のような根を出し張り付き伸びていく、手入れを怠ると窓が開かなくなることもあるのだ、怖いでぇ〜!

b0057679_8223334.jpg
<八百八分の六十一橋>中之島の橋は堂島川より土佐堀川の橋の方の名を誰でも知っている、それは地下鉄の駅があるからと思われるが、きょうはその「肥後橋」

一昨日の錦橋のすぐ横にある、すぐ北の堂島川に掛かるのが渡辺橋なのだが古い地図を見てびっくりした、元々肥後橋は西横堀川のさらに東、つまり今の場所よりずっと東側にあったのだがいつも間にか今の渡辺橋の南に移動して架けられている、下の古地図参照を見ていただくとよく分かります

この橋の北詰、つまり中之島に肥後熊本藩の蔵屋敷がありこのあたりは肥後島町と呼ばれ橋も肥後橋と付けられている、これは別に面白くもおかしくもありませんでした

現在の橋は地下鉄四つ橋筋が整備された昭和41年に架け替えられた橋である、早くにこの橋を乗せようと思ったのだがデザイン事務所勤務時代、ほとんど毎日この橋を渡って広告代理店へ打ち合わせに出かけていたので橋としての感動が希薄である、現在はかなり代理店も移動したが以前はこのあたりに大手の広告代理店が多数存在し、もちろんその周りに沢山のデザイン事務所が存在していた

代理店の移動の原因はビルの老化もあるがコンピューター導入によるIP化で、建物そのものが対応できなくなってしまったことにある、職業柄電話回線だけでもちろん対応できず、床下をとんでもないあらゆるラインが行き来しています
b0057679_82359.jpg

[PR]
Commented by GuGuGammo at 2009-04-07 16:25 x
.。o○この建物ってよくわからなかったのですが、なにやらお品書き風に、ひらひらしてそうなものがガムテープなんですか?
何故に、これだけ貼ってあるんでしょうか?
\(^o^)/
Commented by PUSH-PULL at 2009-04-08 09:52
建物のコーナー部分が、街で見かけるガラス張りのタバコ屋さんでした、それがある日突然キッチリと隙間無く均等にガムテープが縦張り、微妙なテープの光沢が何とも言えませんでした
元々の姿の記憶がないのですが、ひょっとしたら最初ガラスを割られたか何かしたのではないでしょうか
by PUSH-PULL | 2009-04-07 08:36 | 写真 | Comments(2)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL