雲の流れのように

b0057679_8241229.jpg
季節感
寒い冬には余り見かけないような気がするのだが、なんだか暖かそうな雲である

調べたら寒気団の上に暖気が接したときに出来るらしい、中層の高積雲、通常「ひつじ雲」と呼ばれ他にも「さばぐも・まだらぐも・むらぐも」などの名がある、2000m〜7000mあたりで雨は降らせないそうだ、しかしどう見ても羊にもサバにも見えない、普通はもう少し小さな固まりが切れ切れにびっちりの並ぶ時を言うのだと思うのだが、それだとこれはひつじではなくてなんやろね?

新聞のコラムで日本の地理知識の貧しさが取り上げられていた、最近オバカキャラが人気でクイズ番組でトンチンカンな答えを出して視聴率を上げている、もっとも本当のアホはテレビに出ても何も出来ないので、皆さん相当芸達者だと思われる

街のインタビューでも日本の県名が判らないアホキャラ姉ちゃんをワザと取り上げてきていたが、どうもそんなレベルではなく笑っていられないのだ

宮崎県の場所を高校生の6割、大学生の3割が知らなかったのには驚かされたが、もっと驚いたのは東京都の位置を大学生の5%も知らない人がいたことである、大学生ですぞ!絶句

つまり大学入試に日本の白地図で「東京を赤く塗る」なる問題を出したら、今の大学生の消費税分は失格というわけである、そこへ宮崎県を追加したら後30%アウトで、島根に福島あたりが入ると半分ぐらいダメなのかしら

私も余り地理には強くないがそれでも予想以上にひどすぎる、旅をしても歴史を勉強しても地名や謂われを知っているだけで楽しさが何倍も増加し記憶の度合いがまるで違う、面白い地名が読めるだけでも楽しいのだ

これって教育の問題だけなのだろうか?我が国のトップが漫画好きを自慢するレベルではどうしようもない、どうやら漫画以外は読まないとか、おかげで委員会や記者相手に飛んでもない読み間違い、いやインタビューの時なら読み間違いではなく明らかに知らない、国民がみんな上?にならえしているだけかもしれない

かあちゃんに「うちのとおちゃんは、漫画も好きでよく読みますが難しい本もじっくりと読んでいます」ってフォローされるぐらいだから何をか謂わん

b0057679_8252170.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-12-19 08:30 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL